愛荘町観光

滋賀県地図

愛荘町の紹介

愛荘町は、滋賀県の東部に位置し、古くから近江地方、東海道として主要な街道筋の商業地として発展した地域である。今でもその名残としての東海道新幹線が走り、東には名神高速道路がある。車社会の現代でも交通の要所としての地位を持っている。また、明治時代には郡役所や警察などの官公署が置かれ、近江鉄道が開通するなど、古くから地方の中心として発展してきた町である。昭和30年に昭和の大合併で秦川村と八木荘村が合併して秦荘町に、また愛知川町と豊国村が合併して愛知川町となり、平成18年に、この秦荘町と愛知川町が合併して愛荘町が誕生している。愛荘町の地理的自然的な特徴としてまず目につくのは川が多いことである。南には一級河川愛知川が、中央部には一級河川宇曽川や岩倉川が流れている。愛荘町の標高は、最も高い南東部で約700m、低い北西で95m、鈴鹿山麓から西に広がる洪積丘陵と扇状地が湖東平野の一部を形成しており、地形的にも古くから水との関わりが深いところといえる。したがって、豊富な水とともに多様な農産物が育つ土地柄でもあるといえる。今回、地域特産品として、加工食品を開発する素材となる山芋は、元々宇曽川の川砂を利用していた経緯がある。しかし現在は川砂の必要量が確保できなくなったことから、岐阜県あたりから砂を購入している。宇曽川の砂と粘土質の高い水田の土が愛荘町の山芋を作る素地があったようである。

愛荘町66のお宝写真

※ サムネイル画像をクリックして頂くと大きい写真がご覧頂けます。

依智秦氏古墳公園 宇曽川ダム 丸中醤油 全景金剛苑藍壺全景 常安寺承安寺 斧磨棚田
明神社 目賀田城址 八角みこし 安孫子浄光寺往生要集 軽野湧水 西光寺さるすべり
斧磨八幡神社 平安時代懸仏 矢取地蔵 西武鉄道堤邸 円城寺ため池 金剛輪寺
山芋 山比古湧水 西澤眞蔵記念館 大正時代の水路工跡 金剛苑かまど 金剛苑移築古民家囲炉裏
金剛苑移築古民家五右衛門風呂 金剛苑移築古民家電話 金剛苑人力車 金剛輪寺豆の木太鼓 不飲川 宝満寺さくら
日本生命 豊満神社 脇本陣 愛知川の河辺林 伏流水(不飲井) 近江上布伝統産業会館
山川原のたいこ屋さん 長野の大太鼓 琴づくり 大国社中 東円堂 雅楽会 びん細工手まり 愛知川図書館2
中山道にある八幡神社 臍尾(めのと)神社 市村の大地蔵さん 小さな説教場 妊婦の大きなお腹をさする「産婆さんの置物」 村芝居 中村座
東円堂 五位田に伝わる 力石 オレンジロード 近江商人の町 竹平楼 太田静子さんの故郷 豊満せせらぎ街道
愛知川宿 伊勢神楽(獅子舞)の奉納舞 郡分(こおりわけ)延命地蔵尊 豊満の前良地蔵 愛知中びんてまり 市安産観音2
市八幡神社 かわいい手まりポスト 愛知川駅 歌詰橋 祇園納涼祭花火大会 旧近江銀行
旧郡役所 旧百三十三銀行 橋絵巻 近江鉄道鉄橋 古い家並 御崎神社火祭り
広重 恵智川 市 八幡神社 書状集箱 常夜燈 薪能 大日堂
淡海公お墓 中山道まつり 冬のイルミネーション 藤居本家 道標豊満大